注文住宅の工事費

ホームへ戻る >  注文住宅のキャンセル料  > 注文住宅の工事費

注文住宅を建てる際にかかる費用として一番最初に思いつくのは、工事費ではないでしょうか?家を建てるお金になるので、一番イメージしやすいでしょう。工事費と一概に言っても色々なものがあり、例えば、材料費やそれを加工する加工費、そしてそれを取り付ける費用、また材料を運んでくる運送費、地盤の調査費や申請手数料、管理費、会社の利益までもが工事費に含まれています。ただ、材料の費用と、それを組み立てる作業の費用だけではないということは覚えておきましょう。

注文住宅を建てる際にかかる工事費ですが、どれくらいのグレードで建てるのかによって、大きく費用が異なってきます。構造や床面積などによっても変わります。工事費は、おおよそ最低でも1,000万円はかかります。そこからどれくらいまでグレードを上げていくのかによって、工事費は変わります。床面積が30坪の平均的な家では、木造の場合には1,500万円から2,400万円、鉄骨の場合には1,800万円から2,700万円、鉄筋コンクリートの場合には2,100万円から3,000万円程します。


このように、注文住宅を建てるにあたっては、工事費というのは、大きな費用になるでしょう。少しでも費用を安く抑えたいのであれば、木造が良いとは思いますが、耐久性などの面から見ると、やはり鉄筋コンクリートがおすすめです。ほとんどの人が、家を買うというのは一生に一度のことだと思うので、妥協せず、家を建てると良いでしょう。