注文住宅の諸費用

ホームへ戻る >  注文住宅のキャンセル料  > 注文住宅の諸費用

注文住宅を建てる際には、諸費用がかかります。諸費用といっても、全体として見ると大きな額になることもあるので、きちんと資金計画の中に計上しておくことが大切です。諸費用としては、土地代と建物代の8パーセントから10パーセント程にしておくのが理想です。注文住宅を建てる際に、具体的にはどのようなものになるのかというと、仲介手数料やローン関係、登記手続き、引越し料金、借り住まい料金、家具などになります。


仲介手数料というものを家を建てるまで知らなかったという人も多いでしょう。土地などの不動産を購入すると、仲介をした不動産業者に仲介手数料を払わなくてはいけません。


これは、購入した土地の代金の3パーセントプラス6万円と法律で定められているので、それ以上払うということはありません。ローン関係というのは、住宅ローンを組む際にかかる様々な料金のことです。様々な料金がかかってくるので、一つ一つきちんと計上することが大切です。


登記手続きは、2万円から5万円程かかります。さらに引越し料金は、建て替えの場合には、借り住まいから新居に引っ越さなくてはいけないので、料金がかかってきます。引越しの際には、その距離や荷物の量、引越し会社によっても異なりますが、8万円から20万円程かかるでしょう。借り住まいは、建て替えの場合、古い家を壊す際に住むところになり、家賃だけでなく、敷金や礼金、仲介手数料がかかってきます。そして家具というのは、想像しやすいように、注文住宅の新居に置く家具の料金です。