注文住宅の税金の費用

ホームへ戻る >  注文住宅のキャンセル料  > 注文住宅の税金の費用

注文住宅を建てる際に、気をつけなくてはいけないのは、様々な税金がかかるという点です。費用の内訳全体を見ても、税金の金額は決して小さなものではないので、きちんと計上しておくことが大切です。まず、誰でも知っている消費税がかかります。土地代金、ローン保証料、火災保険料、生命保険料を除くものに消費税がかかります。消費税は将来的に上がることが予想されるので、少しでも消費税を安く抑えたい人は、上がる前に注文住宅の購入を検討した方が良いかもしれません。


あとは、印紙税、登録免許税、不動産所得税、固定資産税、都市計画税などが費用としてかかってきます。この中でも固定資産税はなんとなく聞いたことがあるけれど、あとは聞いたことがないという人も多いでしょう。固定資産税は、土地や建物を所有する際にかかる市区町村税のことです。賃貸の場合には、固定資産税がかからないので、ずっと賃貸のマンションなどに住んでいたという人にとっては、大きな支出になるでしょう。

このように、注文住宅を建てる際には様々な税金がかかります。一つ一つどのような税金になるのか、事前に把握しておくことが大切です。税金は、住宅そのものとは違い、値切ることができないものになるので、仕方なくかかってしまう費用として計上するようにしましょう。また、税金を計上したら、土地代金と工事費などを含め、自分の予算内にきちんと収まるかどうか、よく検討すると良いかもしれません。