相場に見合った注文住宅ってあるの?

ホームへ戻る >  注文住宅・相場よりも高い価格を提示されたら  > 相場に見合った注文住宅ってあるの?

注文住宅を建てようと検討している方の多くは「相場よりも安く家を建てたい」と考えているのではないでしょうか。自由設計の家が建売住宅よりも高くつく、相場なんてあってないようなものと言うお話も多くありますが、実は注文住宅ほど価格が手頃で買い求めやすいのです。


なぜ価格が安いのかといえば、建築家が建て主の家族構成やライフステージを考えて家造りを行います。もちろん既存の土地を有効に活用した間取りで設計しますので、建売住宅のような閉塞感や圧迫感を感じる家造りにはなりません。建築家はこの他にも建て主が捻出できる建築資金に関しても配慮しますので、予算の範囲内で建築できるお家が出来上がります。ローコストの建材や建築工法が確立した今だからこそできるワザといえるでしょう。

安く出来上がった家は「安普請」なのではないかと不安に思う方も多いのですが、建築家は独自の仕入れルートから直販で資材を購入したり、業者を入れず自分自身が制作を手がける、場合によっては施主が壁塗りを行うなどで職人に掛ける人件費を省くなどの工夫を行い品質の良い素材を使用しています。もちろん腕揃いの大工職人を揃えているので、重厚感のある家が完成します。


相場よりも安い価格の新築注文住宅でも、ステイタスを感じさせる大満足の家になることでしょう。まずは、マイホームの事例集やインターネットの家造りサイトを閲覧したり、建築事務所や建築家のものを訪ねてみましょう。有益なお話を沢山伺えることでしょう。