過蓋咬合と部分矯正

ホームへ戻る >  歯並びを矯正するメリット  > 過蓋咬合と部分矯正

過蓋咬合と部分矯正鏡の前で「イー」と言って口を見てみましょう。そうすると、前歯の部分が上下で噛み合っていると思われます。この時、下の歯は約3/4程度見えるような状態になっているのが標準です。ところが中には、前歯の上の歯が必要以上に下の歯をカバーしてしまっていることがあります。かみ合わせが深すぎるこの症状を、過蓋咬合と言います。中には、ほとんど下の前歯が上の前歯によってかくされて見えないような状態になっているケースもあります。


過蓋咬合が問題の理由として、前歯が奥歯と比較してより強く当たってしまうリスクがある点です。その結果、隙間ができやすくなります。その他でも、下の歯が上あごの裏を誤ってかみやすくなってしまいます。さらにひどくなると、上あご自体を傷つけることになってしまって、歯肉炎を発症する引き金になってしまう恐れもあります。

また顎関節症と言う、口が開けにくくなる病気があるのですが、過蓋咬合がその原因の中の一つではないかとも言われています。


過蓋咬合は、部分矯正で治療することも可能です。部分矯正の中でも、舌側矯正という手法があります。舌側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を取り付けることで、歯の位置を正常な所にもっていく部分矯正を指します。舌側矯正を使うことによって、奥歯の位置を高くして、歯ぐき側に歯を移動させていくわけです。舌側矯正にすることによって、治療にかかる期間を短くできます。またかみ合わせにあまりに問題がある場合には、インプラントを使った矯正を実施することもあります。