矯正治療が必要な歯並びが良くない状態

ホームへ戻る >  歯並びを矯正するメリット  > 矯正治療が必要な歯並びが良くない状態

矯正治療が必要な歯並びが良くない状態人間の歯並びは、生まれた時から誰もが理想的な状態で生まれてくるわけではありません。もともと歯の生え方が悪い人もいれば、生活習慣や食生活の中で歯並びがどんどん悪くなってしまう人も少なくありません。また、子供の頃には歯並びが良くても、思春期に生えてくる親知らずによって歯列が悪くなってしまうケースもあります。


歯並びが良くない状態は歯列不正と呼ばれていて、いくつかの種類に分類することができます。


・叢生(そうせい)

隣り合わせの歯が前後に重なり合っていてガタガタになっている状態を、叢生と呼びます。日本人にはとても多い歯列不正で、欧米人と比べると顎の幅が狭いアジア人特有の特徴とも言われています。矯正で治療できます。

・上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の顎が少し前に出っ張っている状態、つまり出っ歯のことです。日本人にも割と多く、抜歯を伴う歯列矯正によって歯並びを改善することができます。


・下顎前突(かがくぜんとつ)

舌の顎が少し前に出ている状態で、受け口の人が該当します。この場合にも抜歯によって歯列を矯正する治療法が多いのですが、受け口の度合いによっては下あごの骨を削って小さくする外科手術を行うことで、より一層審美的な美しさを手に入れることができます。


・開咬(かいこう)

上下の歯を噛み合わせた時に、前歯の部分が上手かみ合わず、口の中が丸見えになってしまう状態です。前歯がかみ合わないために前歯を使っても噛み切るという作業ができませんし、歯を合わせた状態でも空気が抜けてしまうため、言語の発音に影響が出るリスクがあります。