歯並びを矯正するデメリット

ホームへ戻る >  歯並びを矯正するメリット  > 歯並びを矯正するデメリット

歯並びを矯正するデメリット歯並びを矯正して美しい歯列を手に入れることには、たくさんのメリットがあります。審美的な目的で治療を行うことが多い歯列矯正治療ですが、自分に自信が持てるようになってコンプレックスを克服できるなど、精神的に明るくなれる人も少なくありません。


しかし、歯列矯正を行う際には、いくつかのデメリットもありますのできちんと理解しておくことが大切です。


・時間がかかる

歯並びがそれほど悪くない場合でもワイヤー装着期間は1年~2年、時間がかかるケースでは2年~3年の期間、定期的に歯科医院に来院しなければいけません。長い期間、ずっと根気よく通える人でなければ治療を成功させることが難しいのも、歯列矯正の特徴です。

・コストがかかる

子供なら30万円~60万円、大人なら60万円~100万円とも言われている平均的な費用は、健康保険が適用されないので全額が自己負担になります。歯並びをす良くることにはコストがかかるのです。


・虫歯になりやすい

歯並びが良くなった後は虫歯になりにくい歯列を手に入れることができますが、治療期間中にはワイヤー装着のために虫歯になりやすくなってしまいます。普段よりも頻繁に丁寧に歯磨きをする習慣を付けましょう。


・歯根吸収のリスク

治療中に、歯の根っこが溶けてしまうという症状が起きる場合があります。原因は不明なのですが、この症状が起きた場合には矯正治療は直ちに中止して、歯並びよりも歯が抜け落ちないように固定治療や連結治療が優先されます。