水の安全性を高める工夫

ホームへ戻る >  歯医者のインプラントの無痛治療について  > 水の安全性を高める工夫

水を販売している会社は安全性を高めるためにいろいろな工夫をしています。水は毎日使うものです。喉が渇いた時に飲んだり、料理に使う人も多いでしょう。自社の水が汚染されていたらその会社の評判は著しく悪くなってしまいます。そのため水をご家庭に届ける前に詳細な検査を行います。検査の仕方は会社によって違うのですが、どの会社も検査を繰り返して、その精度を高める努力をしています。一般の水道水よりも厳重な検査が行われていると言って良いでしょう。


ある会社は原水の検査を毎日行います。採取された水は3種類のフィルターでろ過されます。ミクロンの単位の微細なフィルターです。

その後逆浸透膜フィルターでさらにろ過さします。この段階で不純物はほぼなくなります。この水を後処理フィルターで処理し、紫外線殺菌します。最後の仕上げはUFフィルターです。UFフィルターとは限外ろ過膜のことです。非常に小さな穴があるフィルターのことで、その穴は電子顕微鏡でも見えないと言われています。このフィルターを使うと細菌やウィルスをほぼ完全に除去できます。


一つの会社の例を書きましたが、水を販売している会社は多かれ少なかれこのような方法を取って、自社が販売している製品の安全性を確保しています。ご自宅ではウォーターサーバーの中に水を入れて保存することになりますが、ウォーターサーバーの状態を清潔に保てば、水の状態はさらに良くなります。定期的にサーバーのメンテナンスを行ってくれる会社が多いです。メンテナンスが必要のないサーバーもあります。