歯科選びと無痛治療器WANDについて

ホームへ戻る >  歯医者のインプラントの無痛治療について  > 歯科選びと無痛治療器WANDについて

歯科選びと無痛治療器WANDについて歯医者では無痛治療への需要の高まりもあり、痛みを感じることなく治療を受けることができる装置や設備を続々と導入しています。そんな無痛治療の装置のひとつが無痛治療器WAND。これはアメリカ製の機器で、その優れた効果から導入する歯医者が増えています。


この装置の特徴は極細の針を使用する点。針を挿入しゆっくりと麻酔液を注入していきます。実際に受けてみると、針が挿入される感覚はほとんど感じません。多少感じるとしてもせいぜいチクリと感じる程度。

弘和会歌橋医院
http://www.utahashi-clinic.com/

痛みというよりも感覚が走ったという具合です。とくに前歯の治療では麻酔の注射がかなりの痛みと恐怖心をもたらします。その際にこのWANDは役立ってくれます。なお、WANDでは必要に応じて何度かにわけて麻酔を注入していきます。それによって無痛治療の効果を高めるのです。一度に多くの麻酔を注入すると、その分痛みも負担も大きくなります。ですから1回目に少量を注入し、軽く麻痺させたうえで麻酔そのものの痛みをなくすわけです。2回目、3回目では注射の痛みを感じることはまったくありません。


このように、優れた無痛治療の選択肢となっているWAND。ハンドピースの部分が使い捨てなのでやや費用がかかりますが、その分衛生面でも優れています。歯医者を選ぶ際にはこの装置を使用しているかどうかも判断材料に加えてみてはいかがでしょうか。麻酔の注射がどうしてもイヤ、考えただけでも怖くなって治療を受ける気がなくなる、そんな人に適した方法のひとつとなるでしょう。


貫井 皮膚科
http://www.utahashi-clinic.com/