歯医者のインプラント手術中の無痛対策について

ホームへ戻る >  歯医者のインプラントの無痛治療について  > 歯医者のインプラント手術中の無痛対策について

歯医者のインプラント手術中の無痛対策についてインプラント治療においても歯医者ではさまざまな無痛治療を用意しています。静脈内鎮静法はその代表格といえるでしょう。ただこの手術には大規模な外科的な施術が必要となります。高齢者の患者が多いこともあり、出血量や脈拍といった健康状態をつねに確認したうえで行っていく必要があるのです。そうしないと術中に容態が急変することもありますし、術後に激しい痛みに晒されたり、体調を崩すといったケースも見られます。そのため、手術前の無痛治療とはべつに術中の無痛対策もしっかり行うことが必要なのです。


とくに重要なのが術中の緊張や不安がもたらすストレス。このストレスが過剰な出血をもたらすなど、健康に大きな害をもたらす可能性があります。

優れたインプラント治療を行っているところでは術中の経過に合わせて静脈に抗不安薬や鎮痛剤を投与しています。麻酔の際に静脈内鎮静法で無痛治療を行う歯医者も増えていますが、それを採用しない場合でも術中にいつでも行える環境が求められるのです。


また、手術中には必ず生体モニターが使用されます。これで脈拍や血圧、心電図、呼吸といった健康状態を逐一把握していくのです。容態が急変した場合にすぐに対応するためにもこれは不可欠といえるでしょう。ただ、この設備はすべての歯医者に備わっているとは限りません。この設備がないばかりに術中に適切な対応をとることができず、患者が激しい痛みや容態の急変に晒されることもあるのです。こうした術中の対策は術前の無痛治療と同じくらい重視すべきポイント。歯医者選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。