歯医者のインプラントの無痛治療について

ホームへ戻る > 歯医者のインプラントの無痛治療について

歯医者のインプラント手術中の無痛対策について
歯科選びと無痛治療器WANDについて
水の安全性を高める工夫
水宅配の業者選び
出産前にも適したウォーターサーバー

歯医者のインプラントの無痛治療について歯医者の間で導入が進められているのがインプラント治療。保険適用外の自由診療ということもあり、歯医者同士の厳しい競争に生き残るための切り札として導入するところも増えています。このインプラント治療はかなり大規模な外科治療となります。顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、そこに義歯をはめ込む形となるからです。そのため、手術の負担も大きくなります。ですから手術の負担、とくに痛みをできるだけ少なくするのも大きなポイントです。ではインプラントにおける無痛治療はどのような状況になっているのでしょうか。


インプラントは基本的に部分麻酔で行われます。しかも高齢者が多いため、麻酔の負担も最小限に抑えることが求められます。無痛治療でもまず麻酔の負担や痛みを感じずに済むような対策が行われます。

もっとも広く用いられているのが静脈内鎮静法。あらかじめ点滴で鎮痛剤や鎮静剤を静脈内に投与する方法です。これによって麻酔の痛みを軽減することができます。また、意識がある状態ですが、時間の感覚が麻痺するため恐怖心や不安も和らげることもできます。


なお、体への負担も考慮しつつ全身麻酔が選択される場合もあります。こちらの場合は麻酔への恐怖や不安も感じることなく受けることができるので痛みをどうしても避けたいという人に適した無痛治療となるでしょう。ただし、治療は大学病院や総合病院など適切な麻酔施設がある場所で行うことになります。インプラント治療を受ける際には歯医者が用意している無痛治療の状況も把握しておくとよいでしょう。