歯医者の無痛治療について

ホームへ戻る >  歯の治療を回避するために  > 歯医者の無痛治療について

歯医者の無痛治療について明らかに虫歯ができているにも関わらず、歯医者に行くのを嫌がる人も少なくありません。面倒くさい、他の場所も治療させられて長引くのが嫌だといった理由もありますが、痛みが嫌で行かない人も少なくありません。子供だけでなく、大人でも痛みが我慢できずに治療を受けない人が多いのです。「いい大人が」と平気な人は言うかもしれませんが、これだけは理屈で説明できるようなものではなく、痛みのことを考えただけで寒気がしてくる人もいることでしょう。


しかし、歯科では技術革新が進んでおり、一昔前では考えられないような優れた治療方法も登場しています。しかもその中には患者の負担を最小限に抑える方法も多く、以前のように「歯医者=痛い」というイメージが薄れつつあります。

こうした患者の負担を抑える方法の中でも痛みを少なくさせるものを無痛治療と呼んでいます。無痛治療とは、つまり痛みを感じずに行うことができる治療のこと。「そんなものあるはずがない」と思う人もいるかもしれません。とくに麻酔の痛みを嫌っている人にとっては信じられないでしょう。麻酔を使えば確かに治療の痛みはなくなりますが、麻酔の際に歯茎に注射する痛みに耐えられない人は少なくありません。また麻酔をしても歯をドリルで削られるガリガリした感触は伝わってくることも多く、痛みを感じることもあります。さらに治療後、麻酔が切れた後になって強烈な痛みに悩まされることもあります。


こうしたさまざまな問題を解消した無痛治療が登場しているのです。歯医者によって導入されている無痛治療の内容は異なりますが、ガスを使用した笑気麻酔や、点滴で治療を行う静脈内鎮静法などが一般的。歯医者を嫌がっている人はこうした無痛治療について調べてみてはいかがでしょうか。