歯医者の治療費-入れ歯

ホームへ戻る >  歯の治療を回避するために  > 歯医者の治療費-入れ歯

歯医者の治療費-入れ歯歯医者での入れ歯の治療費についてですが、健康保険適用となる治療と健康保険適用外の治療では大きく額が異なります。健康保険の適用となるかどうかの目安となるのが、美しく見せるための治療を受けるかという点です。生きていくのに必要とされる歯医者での治療の場合には健康保険が適用され、美容目的での治療はすべて自己負担となります。健康保険適用となる場合の費用に関してですが、部分入れ歯と総入れ歯とで費用に差があります。


部分入れ歯とは、数本の歯が失われた状態で、そこへ両側に金具の着いた入れ歯をはめ込む治療法です。

健康保険の適用範囲となるのは、部分入れ歯の場合は金具が両脇に付いているタイプに限られます。費用は5000円から15000円ほどです。部分入れ歯を入れる場合は、事前にどれほどの費用がかかるかを歯医者に相談しておくと良いでしょう。


保険適用となる総入れ歯はプラスチック製に限られています。費用は10000円から20000円程度になります。


また、保険適用となる総入れ歯を作った場合、半年間は新たな入れ歯を保険で製作してもらうことができません。保険適用外の入れ歯の費用ですが、金属でできた床を持つタイプの総入れ歯で、この場合の費用は高い物で50万円の費用がかかることもあります。もう一つはインプラントによる入れ歯の装着です。インプラントの場合、顎の骨に金属のネジを埋め込み、そこを土台に入れ歯を固定します。安定感に優れますが、費用は非常に高額です。平均して150万円もの費用がかかります。