症例数が多い歯医者ならSUGOI歯科医院

歯医者の定期健診定期的に歯医者に行って定期健診を受けるとよい・・・とはよく言われることです。定期健診で問題の早期発見、早期治療を行うことができたら、患者さんの歯にとっても、金銭的負担を考えてもメリットが高いと言われています。ですが、そこでは一体なにをするのでしょうか?すでに通っている方は知っていることですが、ここでは歯医者の定期健診で一般的に行われていることについて紹介しましょう。


歯医者の定期健診でまず行われるのは、虫歯や歯周病がないかどうかのチェックをし、あった場合はその治療を行います。早期に発見することによって、歯があまり傷んでいない段階で治療を受けることができます。

さらに、歯についた歯垢や歯石を取ります。歯垢や歯石がたまると虫歯に発展しやすくなりますし、審美的な観点からも、定期的に取っておくほうが望ましいものです。さらに、日常の歯の手入れについて、相談や指導が行われます。たとえば、磨き残しが多い人に対してはブラッシングの指導が行われたり、場合によってはフッ素の塗布など、虫歯予防のために役に立つことを行ってくれます。


定期健診を受けることによって、歯に対する意識が高まりますし、さまざまな問題を早期に発見できるというメリットがあります。歯は一生付き合っていく大切なものですから、きちんと注意を払って、丁寧なケアをしていきたいものです。長く付き合える歯医者を探して、定期健診に通うのはとてもおすすめの方法です。